会長挨拶

A welcome to the Japan Association for Research into IB Education‼

日本国際バカロレア教育学会へ、ようこそ!

There are good reasons to welcome the IB into Japanese schools. As one of several initiatives to develop future leaders in our rapidly changing and increasingly globalized world, the option of introducing the programmes opens up exciting possibilities for revitalizing and transforming local education to better suit present and future situations.

日本の学校にIBを導入することは多くの可能性をもたらします。グローバル化によってますます急速に変化する世界における未来のリーダーを育成するための一つの取り組みとしてIBを導入することは、地域に根づいた教育を活性化し、現在や未来の状況を踏まえたよりよい変化を生み出すでしょう。

The IB programmes have become well known as providing education relevant to our current times of change and uncertainty. All the programmes encourage an international mind set where students apply critical thinking skills, with a personal awareness of global responsibilities, to their local actions. They promote diversity, creativity, flexibility and adaptability as well as established knowledge and skills and can be inspirational to young people who want to use their potential to make their community and the world a better place. 

IBは変化と不確実性に特徴づけられる現代にふさわしい教育を提供するプログラムとしての蓄積があります。IBのプログラムは国際的な視野を広げるのに役立ちます。子どもたちはグローバルな責任への気づきとともに批判的思考力を用いて、生活の場において、実際の行動へとつなげるのです。IBのプログラムは体系的な知識とスキルだけではなく、多様性、創造性、柔軟性、適応性を身につけることを促します。子どもたちは自らの潜在的な力を身近な地域や世界をよりよい場所にするために用いるようになるのです。

Dual language programmes can develop students’ English communicative skills. Japanese English language teaching provides a solid base of information and knowledge about English but overall still fails to guarantee outcomes of listening and speaking skills to a level of competency required in global dialogues.

IBのデュアル・ランゲージ・プログラムは、生徒の英語でのコミュニケーションスキルを向上させることができます。現在の日本における英語の授業は、英語に関する情報・知識の基礎を提供しています。ただ全体的には、グローバルな社会における対話で要求される一定の水準まで「聞くこと」と「話すこと」のスキルを伸ばすことができていません。

IB programmes have flourished in international school contexts with their cohorts of diverse students and relative freedom from national constraints. National education contexts, such as in Japan, are rather different. Cohorts of students may be less culturally and linguistically diverse than in international settings and national standards may have to be incorporated into the curriculum. Differences in operational and cultural traditions, socio-economic factors and socio- political goals will also need to be considered. All of these present challenges for implementation but at the same time these can open up opportunities for creative synergies of IB values with established Japanese traditions. Many of these Japanese traditions are espoused aspirations in IB World schools elsewhere, such as developing everyday habits and attitudes that show respect for the natural world and our interconnectedness with it. The Japanese are renowned for resilience along with humility in facing disasters, for excellence in service and concern for the other in social relationships, for appreciating an aesthetic in everyday living. The fact that the roots of Japanese culture and world view are so very different from those of the West means there is a chance that cross fertilization might produce creative solutions to global issues and herald new possibilities for a better future.

IBのプログラムは、多様な背景をもつ児童・生徒が在籍し、国のルールにしばられない比較的自由なインターナショナルスクールで発展してきました。これは、例えば日本における公教育制度の文脈とはまったく異なっています。公教育制度では、インターナショナルスクールよりも児童生徒は文化的・言語的に多様ではなく、また、国家が定める教育課程をカリキュラムに組み込む必要があります。学校経営や文化の伝統、社会経済的要因、社会政治的目的の相違も考慮する必要があります。これらすべてはIBを実施する上での課題となりますが、同時に、IBの価値と日本の伝統との創造的な相乗効果を生み出す可能性を導出します。日々の生活を通して身につけている、自然や自然とのつながりに敬意を示す慣習や態度といった多くの日本の伝統は、IB校が追求しているものでもあります。災害に直面した時の謙虚さやそれを克服する力、奉仕の精神や社会関係における他者への配慮、日々の生活の中に美を見出すといった日本の人々の態度は海外でもよく知られています。日本文化と日本的なものの見方のルーツが西欧諸国と全く異なるという事実は、両者の融合がグローバルな問題に対する創造的な解を導き、よりよい未来への新たな可能性を開くことを示唆しています。

Weaving the IB into the Japanese national school curriculum so that the best of both threads are synergised into a model to suit particular local contexts that nurtures global leaders, is in its early days. A variety of feasible models are already emerging. For instance, there has been discussion about the certificate option which is possible once a school is recognized to offer the diploma programme

IBを日本の公立学校のカリキュラムに組み込み、固有の文脈に適応したグローバル・リーダーを育むためのモデルを構築することがその第一歩です。さまざまな可能性を持つ教育モデルは既に現れつつあります。例えば、ディプロマ・プログラムを提供する学校として認定された後で、科目ごとのサーティフィケートの取得を可能とする取り組みについての議論が始まっています。

It is not possible to predict the exact outcomes of implementing IB programmes in national contexts, but we know there will be some resulting changes ahead. I believe members of the ‘Japan Association for Research into IB Education’ have a crucial role of responsibility in these changes. Through carefully recorded observations, rigorous research and reflection in generating dialogue and critique, the association can build up a bank of data and transferable knowledge to provide an infrastructure that will aid vision, direction and the sustainable implementation of educational practices relevant to our times.

公教育制度の枠内でIBのプログラムを実施することがもたらす成果を明確に予想することはできません。しかし、何らかの変化がもたらされることは確実です。わたしは「日本国際バカロレア教育学会」の会員諸氏がこれらの変化に対する重要な責任を負っていると思います。丁寧に積み重ねられた観察・記録、厳密な研究、対話と批判を生成することによる省察を通じて、本学会ではデータや知見を集積し、わたしたちが生きる時代にふさわしい理念と方向性、そして持続可能な教育実践を促すための基盤となるような転移可能な知を構築します。

I look forward to working with you and am honored to be involved with this new association

みなさまにお目にかかれることを楽しみにしています。そして、この新しい学会に参加できることを誇りに思います。

日本国際バカロレア教育学会

会長 犬飼-ディクソン キャロル